毛質が変わるは危険なサイン

髪が太くてしっかりした毛質がある日を境に柔らかくなったと感じる人も少なくないはず。

女性は特に生理周期によって変動があるため、敏感な人は髪の変化にも気づいてると思います。

ただ、柔らかくて触り心地が良いと勘違いしてるとこればっかりは危険。

昔に比べて明らかに違ってきた場合、1本1本が細く弱々しい毛しか育たなくなっている可能性が大!

このまま対策せず今と変わらない生活を続けていくと、やがて本数が減り薄毛に悩むことも大いに考えられるので、女性の男性化は他人事ではないってことですよ。

男性ホルモンの影響や悪い生活習慣を繰り返していると、2~6年ほどの成長期が短縮されヘアサイクルが乱れて軟毛化。

毛の元になる細胞を作らなくしてしまう原因が生活する上でたくさんある事を意識しないとなかなか改善は難しくなってしまいます。

不潔にしているだけでなくもしかすれば、強いシャンプーや洗い過ぎが引き起こしていることだってあるでしょう。

また、睡眠、栄養、休養不足が続くほど肌や髪は真っ先にボロボロになってしまうので、症状が加速していかないよういち早く改善目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください